本文へスキップ

日本医療ソーシャルワーク学会は臨床現場のソーシャルワーカーを中心とした学会です。

 学会事務局 早良病院 医療社会福祉部
 〒819-0002
 福岡市西区姪の浜2−2−50
 FAX:092‐882‐1605



研修報告Workshop Report

九州・沖縄地区研修in北九州

テ ー マ :
「連携業務はデータの宝庫!」 〜MSWならではのデータ活用術を学ぼう!〜
講   師 : 
畠山 稔 (仙台市立病院 MSW・宮城県医療ソーシャルワーカー協会 会長)
提  言  者: 
折原 重光(姉川病院 事務部長・長崎医療ソーシャルワーカー協会 会長)
座   長 : 
北嶋 晴彦(大牟田市立病院 MSW)
開 催 日 :
2017年10月28日(土)
 


参加者からの感想
  • データや記録について考えることで、日頃業務を行いながら考えなければいけない、課題、意識について気づくことができました
  • 自分の病院でどのようにデータを情報へ見えるかしたら良いかなど、考えていくことができた。また、業務を改善し、ソーシャルワーク業務への時間を増やし、より良い支援ができるようにしたい。
  • 当たり前のことで行っていた日報なども、これをデータ化することで今後の業務に活かせることがわかりました。また、データ管理することで、業務の効率化につながることがわかりました。今日学んだことをチーム全体で、話し合っていこうと思います。

学会事務局 
早良病院 医療社会福祉部
日本医療ソーシャルワーク学会

〒819-0002
福岡市西区姪の浜2−2−50
FAX 092‐882‐1605

入会案内はこちら